MAINへ

SIDEへ

FOOTERへ



ホーム   >  ご入居者様のページ  >  防災・防犯体制  >  防災設備


防災設備


防災設備についてのご紹介です。



通報設備


火災感知器


火災感知器

天井の各所に設置されています。燃焼状態を感知すると防災センターに警報が入り、火災を早期発見します。誤作動の原因となりますので、感知器周辺において多人数で喫煙したり衝撃を加えたりしないでください。

非常放送スピーカー


非常放送スピーカー
スプリンクラー

天井の各所にスピーカーが設置されています。非常時には防災センターから状況報告や避難誘導の放送をおこないます。

非常電話


非常電話

各階の避難階段附室に設置されています。受話器を取ると防災センターに電話が繋がります。非常時以外は使用しないでください。


消火設備


消火器


消防法に基づき歩行距離20m以内の設置が義務付けられています。貸室内の間仕切りの設置などにより追加設置が必要となった場合、追加分の設置費用や点検費用はご入居者の負担となります。

屋内消火栓


各階の共用部に設置されています。火災時にはご入居者が使用できますが、水圧が高いので、ご注意ください。

屋内消火栓・消化器


屋内消火栓ホース


スプリンクラー


天井の各所に設置されています。火災が発生し、一定以上の温度を感知すると、自動的に散水を開始します。誤作動の原因となりますので、衝撃を加えないでください。散水障害の原因となりますので、スプリンクラーヘッドの付近まで荷物を積み上げないでください。

非常灯・スプリンクラー


非常放送スピーカー・スプリンクラー


泡消火設備


駐車場内に設置されています。車輌等の火災発生時には、一定以上の温度を感知すると自動的に天井のノズルから消火剤を放出します。なお、手動でも操作可能です。

公設消防設備


放水口


放水口

避難階段手前の附室に設置してあります。公設消防隊の消火活動に使用する設備です。

非常用コンセント


非常用コンセント

放水口上部に設置されてあり、公設消防隊が消火設備の電源として専用使用します。ご入居者は使えません。

非常用(荷物用)エレベータ


非常時には、公設消防隊および防災センタースタッフにより消火・救出活動のための専用運転をおこないます。


避難設備ほか


非常灯


天井の各所に設置しています。停電時には自動的に点灯します。照明器具には遮蔽物となる物を置かないようにしてください。

防火扉


防火扉

共用部に設置してあり、火災の延焼を防ぎます。常時開放扉も火災時には自動的に閉鎖します。閉鎖された防火扉は避難方向へ押すと開くようになってますので、避難には支障ありません。

排煙設備


排煙ボタン

排煙ボタン

非常階段横に設置してあります。防災センターで操作すると排煙口が開き、排煙ファンが起動して排煙をおこないます。遠隔操作だけでなく、操作箱内のボタンにより各階にて手動で操作することもできます。

避難誘導灯


避難誘導灯

館内の各所に設置しています。避難の際には誘導灯を目印に避難階段から避難してください。