MAINへ

SIDEへ

FOOTERへ



ホーム   >  ご入居者様のページ  >  防災・防犯体制  >  「防火・防災管理特例認定」取得について


「防火・防災管理特例認定」取得について


アクトシティの3管理権原者(※)は、「防火・防災管理特例認定」を継続取得しています。
(期間 : 2019年2月1日~2022年1月31日)

(※)公益財団法人浜松市文化振興財団、浜松熱供給株式会社、株式会社アクトシティマネジメント



防火対象物点検特例認定とは


消防法第8条の2の2及び同条2の3の規定により、アクトシティのように多数の人が利用し、勤務している施設では、1年に1回防火対象物点検資格者に、防火管理上の業務、消防用設備などの維持管理、その他火災の予防上必要な事項を点検させ、その結果を消防署長に報告しなければなりませんが、一定期間以上、継続して消防法令を遵守している場合には消防署の検査により「特例認定」を受けることができます。認定されるとインセンティブにより3年間、当該点検と報告が免除されます。当アクトシティでは、平成16年2月19日に認定を受けて以来、3年ごとに継続して当該認定を受けております。

防災管理点検報告特例認定とは


防火・防災優良特例認定証

消防法第36条第1項の規定により、地震等の災害による被害の軽減のため、アクトシティのように超高層、大規模な延べ面積を有する施設では、1年に1回、防災管理点検資格者に、防災管理に関する業務、避難施設の維持管理などを点検させ、その結果を消防署長に報告しなければなりません。アクトシティでは、先の「防火対象物点検特例認定」と同様に平成25年2月5日に浜松市中消防署管内では第1号に認定され、インセンティブにより3年間の当該点検・報告の免除を受けています。今回、こちらも認定が継続されています。